相相続税の節税対策なら専門税理士・弁護士に無料相談!B

MENU

税理士費用や料金の相場と平均は?

税理士費用の料金相場 個人経営者や中小企業などの小規模業者が確定申告や節税をしたい時など、税理士へ依頼を考え付く局面も来ると思います。それでも、税理士の費用はいくらかかるのか、意外にも知られてません。気になる税理士費用の料金相場をご案内したいと思います。
税理士費用は地方や事務所によって違う・税理士の費用は、地域やその税理士事務所の経営方針などによって違います。そこで、沢山ある税理士事務所の情報を、1000万円以下の売上高に対する個人経営者の金額で比べてみました。
・愛知県名古屋市の税理士事務所ひと月当たりの顧問料 1万円(3ヶ月に1回の訪問)決算料 6万円記帳の代行無の場合は年間18万円・東京都の税理士事務所ひと月当たりの顧問料 2万円(3ヶ月に1回の来社)期末の総決算料 10万円記帳代理記載無の場合は年間34万円
・熊本県熊本市の税理士事務所ひと月当たりのアドバイザー料 2万円決算料 8万円記帳の代行無の場合は年間32万円・神奈川県の税理士事務所アドバイザー料 月額2万円(2ヶ月に1回の訪問)期末の総決算料 10万円記帳代理記載無の場合は年間34万円
アドバイザー契約をしたほうがいいか?・こんなふうに、色々な会社で値段の違いがあります。これはネットで調べた例なので、おのおの税理士事務所もよそのと比較するために低めの金額を設けています。相談、紹介など自分であてずっぽうに打診した時などは、極めて高額な代金の料金設定になる見込みもあります。
・納税負担を軽減する事や会社の状況をもっといい方向にするために、税理士を求めるのに、税理士へ支払う料金が多額で経営を押さえられる感じでは結果大変になります。アドバイザー契約するほど費用にきりきり舞いの中小企業がほとんどだと思います。
・納税負担を軽減するにしてもほどほどにプラスが出なければ、納税負担を軽減する対策を税理士に練り上げてもらう事も無益になりますし、ましてマイナスなら節税以前の問題です。だけど、経理や確定申告、会計がまったく把握できてないのであれば、納得いく税理士に託すしかありません。
希望の税理士を探そう・自分の会社の経営にあった税理士を追求するのが的確なことです。楽に相談しやすく、好意ある対応をしてくれる税理士をサーチするのが大事な部分です。自分の会社の職業カテゴリーにまつわる経験や指導が準備されている税理士もいいでしょう。
税理士でない他の必要な条件や資格を備えもっていて、経営に関わる相談に策を練ってくれる人もよい仲間になります。殊の外、簡単に認識できる価格の料金体系の事務所をより出しましょう。
・決めかねる場合には、ぴったりな税理士を紹介するシステムの会社があります。税理士を紹介する会社は複数の税理士が登録していて、一つ一つ会社の経営に一番最適な税理士を紹介する会社です。紹介料がサービスなところもいくつもあるので、一回相談してみるのもいい事だと思います。