相相続税の節税対策なら専門税理士・弁護士に無料相談!D

MENU

相続税の節税対策に強い税理士や弁護士と無料相談が出来ます

 

相続税の節税対策

 

相続税の節税対策で相続税をできればsaveしたいということは皆思っていることで、相談が結構多いのですが、実際の所スタンダードな事しか解釈されてないことが数多くよせられているのが現在の姿です。

 

この場では、相続税の節税に関連した基本的なことを並べてみましたので、これからの目安になればと思います。相続税の節税対策で頭を抱えるのは、勿論財産を軽減すればいいのですが、これでは何をしているかわかりません。

 

ですから、相続税の際の節税対策では、課税のターゲットになる資産や財産を収縮させたり、法によって受け入れられている贈与税が関係ない次元で上手に利用して、相続財産に向けた課税対象の額を縮めることが必要なのです。

 

 

生前贈与で節税

 

相続税を極力減らすための討論として、最初に重要なシステムとして生前贈与があります。生前贈与とは、死ぬ前に財産を家族などの相続人に贈与してしまう仕組みです。

 

生前贈与には、贈与税が責務なのが普通ですが、生前贈与には引き下げられる控除の制度が使えるので、この制度を使えば節税ができるのです。

 

例えて言うならば、仕組みを巧みに活かせば、年間110万円までの贈与は、課税にはなりません。仮に110万円を超えても200万円以下であれば税率は10%です。そこで、例えば子供が4人いれば、年間で440万円まで財産を自分の子供に税金を課せられることなく渡すことができます。

 

 

<教育資金>

 

父母からお子さんやお孫さんに教育資金を財産から贈与する時は、1500万円まで贈与税の非課税になります。その、教育資金には、学用品や授業料、給食費や修学旅行費などが全て該当します。<配偶者に対する不動産贈与>妻又は夫への相続税の基礎控除は、規定により定められている相続分もしくは1億6000万円まで税金はいらないのです。

 

なおかつ、結婚して20年経過した夫婦は、家を配偶者に贈与した場合、2000万円の基礎控除額が出されます。

 

 

<生命保険の適用で節税>

 

こちらも良く聞くのですが、生保も相続税の節税には、相続税の節税に利用出来る利便があります。

 

生命保険の保険料分の現金による贈与をキープし、親である被相続人が亡くなった時、息子又は娘に生命保険金が払い込まれる保険の契約に設定すれば、子供はこの保険金を相続税対象ではなく、所得以外の一時的な所得「一時所得」の所得税対象とし手に入れる為相続税の節税の有効性がでます。

 

一時所得は、収入から必要経費を差し引いて、また、50万円の基礎控除が出ます。その上、その額を2分の1にした額が課税対象になるので、十分立派な節税になるのです。

 

 

<不動産を活かして節税>

 

相続税の節税対策でかなり重要なことは、不動産を活かす節税です。現金や金融機関の預貯金等と異なり、不動産は鑑定した評価額を決めて相続税を計算しますので、この評価のプロセスで節税が出来ます。

 

市価よりも約3割から4割程度不動産の評価額は、減った金額で評価されます。あわせて、家の購入時の控除に加えて、改装した場合でも控除が適用されるため、十分節税効果があるのです。もしも、相続税のことでちょっとでも定かでないのであれば、税理士に気軽に尋ねてみましょう。

 

 

税理士や弁護士に相談すべきことを事前にチェックする

 

相続税の節税対策

 

税理士に相談すべきこと 起業して事業を開始すると、行政とのいろいろと付き合いが多くなっていきます。その中でも税務署とはどう付き合うことがよいのか、大きな不安を抱えている経営者も沢山いらっしゃるのではないでしょうか。

 

こういう場面で、頼りになるのが税金に関して経験豊富な税理士です。中小企業の経営者がどんなときに税理士に相談すべきか、解説していきます。

 

 

税理士のメインの仕事

・税理士とは、税理士の制度を定める法律に定めのある国家資格です。税金に関する事務的な業務を請け負って行ってくれます。
・主な仕事は、税金の申告や申請の代理、税務手続きに関する書類の作成と税務の相談、また、税の不服審査手続き、税務調査の立会い、などです。
・税理士がさらに行政書士として登録を行えば行政書士としての業務も行うことができますし、加えて「租税債務の確定に必要な事務」の範囲内でのものであれば社会保険労務士として業務を行うこともできます。起業する時には援助してもらいましょう

 

 

起業前 

 

事業計画書の作成が必要になるのできちんと提案を受けましょう。

 

自分の会社を始めは個人事業としてがよいのか、会社の方がよいのか、株式会社にするのがよいか合同会社にするのがよいかなど設立において重要なことを相談することができます。

 

また、起業にかかる費用についてや、節税のための役員報酬の適正な金額はどれ程なのかなどは重要なことですので、必ず相談しましょう。仮に業務や形態が要件に合うなら国や地方自治体から補助金や助成金というものが出ることも期待できますが、それが使えるか使えないかについても適切な判断をして、その申請に必要となってくる書類についても作成をしてもらうことができます。

 

会社を設立する折は、可能なら行政書士の登録がされている税理士を探して相談することにしましょう。そうすると、定款の作成することや公証人役場でおこなう認証手続きも同時にしてもらうことができます。

 

 

起業の初期段階 

 

事業が起動に乗ると、経費の扱いについても考慮していくことが必要になります。経費については細かいルールがあるので「どんな内容でいくらまでなら経費としての扱いになるか」などについて、容易には判断できないこともあります。

 

経費の上限などを、早いうちに税理士に聞いておきましょう。そして、役員報酬をどう設定するかにより、後にどれ程の税金が掛かってくるのか計算してくれます。

 

 

起業の後も税理士を活用

 

資産導入資産に関しても詳細なルールがあります。

 

資産別に“耐用年数”“減価償却”の仕方には違いがありますので、判断がつかないときには遠慮せず相談しましょう。資産によって期限付きの特例処置がある時も多いので、資産導入の際には事前に相談しておきましょう。

 

 

決算の時

 

相続税の節税対策

 

税理士は、決算書や税務申告書を作ってくれるでしょう。

 

近頃はパソコンの経理のソフトを使用して自分自身でする経営者も多いですが、難しいと思ったら税理士に依頼するのが賢明でしょう。日々発生する収支についてはその都度自分で記入をし、難しい決算書と税務申告書についてだけを税理士に頼む人もいると思います。 

 

税理士は経理のエキスパートでもあります。

 

長年営業畑にいたり技術を専門職としていても経理に関することはわからないという経営者は、普段から機会をつくって経理の処理についてどのように効率化していくのかを税理士に相談した方がよいでしょう。

 

 

相続税対策に関する相談 

 

中小企業など、法人だけではなく、個人という立場でも税理士に相談しておくと良いことがあります。

 

サラリーマンなどが会社から受け取る所得以外に収入が入った場合の確定申告もそうですし、ことのほか関わりが生じるのが、相続税です。相続なら弁護士に相談すれば一番良いと考えるでしょうが、相続税の節税について考えるなら税理士は多くの役立つ知識を持っているので意外な節税方法が見つかるはずなので相談した方がよいでしょう。